きらーぼし 子育てママの育児奮闘記

子育てママの育児奮闘記や目指せ美ママを目標に体験談を交えた情報を発信します

子育てグッズ 日常生活

【必須】6月中に買いそろえたい子供のための夏アイテム

2020年の夏は猛暑になると言われていますね。新型コロナウイルスの影響で、子供たちの学校や幼稚園などではプールが中止になったり、海やプールも開園しないところがほとんどで今年は夏を過ごすのにも工夫が必要です。

暑い夏を乗り切るために、今年我が家が購入したおすすめ夏アイテムをご紹介します。

【売り切れ必須】夏前に揃えたいお家プール

6月中には絶対に揃えておきたいのが、お家のベランダや庭で使えるプールです。我が家も小さな幼児用のプールは持っていましたが、今年はサイズを大きくしたファミリータイプのプールを購入しました。

どうしてお家プールが必要なの?

新型コロナウイルスの影響でどうしても今年は、行楽地や海・プールに子供連れで遊びに行くのは躊躇しがちですよね。もちろん皆さん対策をしっかりしていると思うので、絶対ダメということはないと思いますが出来る限りお家で過ごされる方も多いと思います。

今年の夏は猛暑が予想されているので、暑い夏を乗り切るためにも子供たちは水遊びなど出来ると楽しめますよね。
今までプールを使ったことがない方やプールを使う場所がないという場合は、ベランダに入るサイズ感でも十分子供は楽しめます。
お庭でプールという方は、今までより少しサイズを大きくしてあげるのも子供は喜びますしサイズによっては大人も一緒に楽しむこともできます。

今年の夏は、お家時間が多くなりそうという方はお家で夏を楽しめるプールは必須アイテムです。

6月中に準備する必要はあるの?

暑い日が増え、もうすでにプール遊びをしたというご家庭もあると思います。テレビのニュースでも取り上げられていましたが、おもちゃ屋さんなどではお家プールが前年に比べてかなり早い時期から売れているという事です。理由としては、海やプールの開催が続々と中止されているからと言っていました。
『あー確かに、納得』ですよね。

自粛生活中にトランポリンなど家の中で体を動かして遊べるアイテムが、おもちゃ売り場や通販サイトで続々と売り切れや入荷待ちになっていたことを考えるとみんな早い時期から準備しているんだろうなと感じます。

という事は、当然暑くなってきたからプールでも買おうかと思ったころには、売り切れや入荷待ちで使いたいときに準備できないなんてこともあるかもしれませんよね。

どんなプールがいいのかな・プールのサイズは

使う子供の年齢によってプールサイズも変わってきますが、小さな子だったら幼児タイプのサイズが小さめで水位も浅めになるプールが遊びやすいです。

未就園児や小学生低学年、ベランダでプール遊びをするときは、幼児プールよりは大きめの1m幅くらいのプールで水もひざ下くらいが遊びやすいと思いますが、この年齢は遊び方に個性が出てくる年ごろなので子供に合わせてサイス感を選んでいいのかなと思います。

お庭などで大きめサイズが使えるなら何人で遊ぶのか、どこで使うのかに合わせてサイズを選びます。

我が家は庭に置けるいっぱいいっぱいのサイズ感になってしまいましたが【幅 200cm x 奥行き 145cm x 高さ 50cm 】を今年は準備してみました。
6歳になる子供が一人で思う存分遊べるサイズ感ですが、泳げるというほど広くはないサイズです。


楽しいプール遊びこれだけは注意して

プール遊びで注意したい点を簡単にまとめますね。

まず、プールは当然水を使っているのでプール周りなど濡れてしまった場所はもちろんプールに入った子供自身が濡れているので滑りやすくなりますよね。
滑って大けがをすることがないよう注意が必要です。

次に、水に入っていると水分をとることを忘れがちです。水に入っていても体の中の水分はなくなります。しっかり水分補給をしないと熱中症になってしまうことも考えられるので注意しましょう。

またベランダなどで水遊びをする場合は、ほかの部屋の方への配慮など忘れずに遊ぶことが大切です。

最後に一番大切なのは、大人が絶対に子供から目を離さないことです。
当然のことですが、少しくらい大丈夫とその場を離れたりするのは事故につながります。必ず子供がプールなどで遊ぶときは大人が近くで見守るようにしましょう。

-子育てグッズ, 日常生活